2016-07-29

田渕ひさ子×ミナクマリ Live at majolama

田渕ひさ子×ミナクマリ Live at majolama

Open/Start 18:30/19:00
ADV/Door 3,000y/3,500 +1Drink

問い合わせ
まほらま 050−1031−5532 majolama.effect@gmail.com

design (2)
****************************

田渕ひさ子

福岡県出身 1975年12月9日生まれ O型

13才でギターを始めて以来、途切れることなくギャルバンでギターを弾き続ける。
19才でNUMBER GIRLに加入。紅一点のギタリストとして注目される。その強烈なインパクトのあるギターは、ギター・マガジン誌が主催する“史上最も偉大なギタリスト100人”に数少ない女性ギタリストとして選出されるなど、今や日本のロック・シーンを代表する女性ギタリストの一人といえる
02年NUMBER GIRL解散後は、自身がリーダーであるtoddleを始める。
bloodthirsty butchers、LAMAなどのバンド以外にも、磯部正文バンド、SPANK PAGE、黒木渚、大森靖子、Bass Ball Bearなどの多くのアーティストのギターを弾いたり、他にも楽曲提供や弾き語りなど活動の幅を拡げている。
15年には初の弾き語りソロアルバム「note wo tojite」を会場・通販限定でリリース。
16年7月にはtoddleの4枚目のNew Album「Vacantly」をリリースすることが決定している。

田渕ひさ子:http://hisakotabuchi.tumblr.com/
toddle:http://toddle.to/

ミナクマリ(minakumari)
プロフィール
http://minakumari.net/
シタール奏者&シンガーソングライター
岡山県倉敷生まれ、ガールズバンドCATCH-UPのソングライター、ギタリストとしてデビュー。3枚のアルバムを残す。 アジア・アフリカ語学院ヒンディー語科、インドディプラスティー(紅茶)専門学校卒業。インド・コルカタにてシタール奏者、モニラル ナグ氏に師事。CHARA、新居昭乃、リップスライムやゴンザレス三上(GONTITI)のライブやレコーディングに参加。また、ジェームスイハ、ハナレグミ、七尾旅人、mabanua、ASA-CHANG、U-zhaanとのセッションに参加するなど数多くの場でやわらかい歌声とシタールを響かせる。
2015年3rdアルバム『Meena』リリース。2016年夏、4rthアルバム発売予定。
2015年放送、NHK朝の連続ドラマ小説「まれ」の劇中でminakumariの楽曲「I am here」が使用される。
幻想的なシタール・ワールドに日本語/ヒンディー語/英語をスウィートな歌声を乗せ、インドの伝統楽器で奏でる新しくも懐かしい童話のような歌世界。

関連記事